利用目的に合う内容かどうか調べてから申し込もう

受ける側が備えておく知識

注射器 ボトックスの薬剤であるボツリヌストキシン自体に副作用はありません。万能薬ではないので注入量の誤りや受ける利用者の状態悪化や病、そして服用薬によって副作用の症状が現れる事はあるので医師に状況を伝える事は大切です。

詳しく見る

顔のこわばりがみられる

注射を打つ人 ボトックスは安全性の高い薬剤ですが、多少の副作用がみられることがあります。顔の違和感や神経麻痺などがみられることがあります。一時的なものなので、少しずつ改善することが多いです。気になる症状が見られたら、医師に相談して下さい。

詳しく見る

ダウンタイムの心配がない

鏡を見る女性 美容整形には副作用の心配もありますが、注射のみで行えるボトックスは副作用が少ない治療として知られています。それでも多少の腫れや赤みはありますので、治療後は安静に過ごすことが大切です。カウンセリングの際は、健康状態も正しく伝えておきましょう。

詳しく見る

施術の内容を知っておこう

カウンセリング

施術を受ける前にやっておくべきことは何か

ボトックスは最近とても流行っている美容整形の一つです。流行りに便乗し受けてみたいという人も少なくありません。しかし、どんな施術か把握していない状態で施術を受けるのは良くないため、まずは利用目的を明確にしましょう。どこをどんなふうに美容整形したいのか、その目的によってボトックスが合うかどうかも違ってきます。それに、ボトックスに限らずどんな美容整形にしても、副作用が出ることがあります。その点も納得した上で施術を受けることが大事です。後で知らなかったといってトラブルになってしまうようでは困ります。副作用といっても症状の出方は人によって異なるため、その点も主治医に確認しておきましょう。だいたいホームページにどんな種類があるのか載っています。さらに詳しく知りたい場合には、初回のカウンセリング時に主治医に聞いてみることが一番です。ボトックスは美容成分を注入するといった施術になることから、比較的、簡単な美容整形と言われています。費用もリーズナブルなので、最近は多くの人が受けています。しかし、利用目的に合わないものを受けても効果を実感することはできません。どんな効果を期待できるのか調べておきましょう。例えば、顔に行った場合には小顔効果を得られたり、若返り効果を得られたりすることがあります。アンチエイジングケアが人気となってきていることもあり、中高年女性のアンチエイジングでこの施術を受ける人も少なくありません。副作用としては一時的に腫れるといったことがありますが、程度は軽いものです。

ボトックス施術が適している人はアンチエイジング効果を期待している人です。若返り効果を期待できる施術として知られているからです。しかし、施術を受ける部位によって効果の出方は異なります。シワが目立って気になるという人は試しに受けてみるといいでしょう。例えば、ほうれい線が深くて老けて見られてしまうという人は、ほうれい線除去のためにボトックスを受けることをおすすめします。実際に目立たなくなるといった効果を得られている人が多くなっているのです。このように、どんな症状や悩みに適しているのか把握した上で施術を受けてみましょう。ただし、施術を受けるからにはデメリットもあります。それは副作用が出るかもしれないという点です。出ない人がほとんどですが、場合によっては患部が腫れてしまうこともあります。腫れの程度も人それぞれです。すぐに引く人も居れば、一週間程度続くこともあります。副作用が気になる人は事前にどんな副作用が出るかもしれないのか、調べておきましょう。場合によっては仕事を休まなくてはならないかもしれないからです。人前に出たくないのなら、休みを取っておいた方がいいかもしれません。ボトックスの副作用は一時的なものですぐにおさまってきます。腫れるといっても多少の違和感が生じる程度です。顔の場合は目立ってしまうこともありますが、二の腕やふくらはぎなどは衣服で隠すことができます。わざわざ会社を休まなくても大丈夫です。それから、ボトックスには小顔効果や引き締め効果なども期待できます。顔を小さくしたい人は顔に行ってみましょう。引き締め効果は二の腕やふくらはぎなどにもおすすめです。